手汗の悩みに手術?それともビューホット?

手汗の悩みに手術?それともビューホット?

手汗で悩んでいる人は多いと思いますが、手汗のレベルは人それぞれですよね。

 

 

 

「ちょっと気になるかな」くらいの人もいれば、「今すぐにでも手術したいレベル!」という人もいるでしょう。

 

 

 

でも、手汗の手術では具体的に何をするんでしょうか?ここでは、手汗の手術と最近注目されているビューホットについてお話ししていきます。

 

 

手汗のための手術って?

手汗のための手術として挙げられるのが、胸腔鏡下交感神経節遮断術というものです。

 

 

 

長くて難しい名前ですよね。これはETS手術と略されて呼ばれることが多いみたいです。

 

 

 

手汗の手術の主流となっているのがこのETS手術なんですが、具体的にはどのようなことをするんでしょうか。

 

 

 

ETS手術では、わきの下を数ミリ切って、そこから内視鏡と電気メスの組み合わさった専用の機械を入れていきます。

 

 

 

この機械で背骨の近くになる交感神経を切ってしまいます。

 

 

 

交感神経を切るというと何かこわい感じがしますが、交感神経は発汗に大きく関係する神経なのでそれを切ることによって手汗もおさまるんです。

 

 

 

ただ、副作用もあるので、完璧な改善法とはいえないかもしれませんね。

 

 

話題になってるビューホットって何?

ビューホットも汗の治療法のひとつで、最近注目を浴びて話題になってるんです。

 

 

 

というのも、汗の手術は基本的に切るのが当たり前だと思われていたんですが、ビューホットはなんと切らない手術なんです!

 

 

 

ビューホットでは専用の機械を使って、細い針で汗腺を壊していきます。汗だけではなく、ワキガにも効果的な治療法なんですよ。

 

 

 

切らないので治療も早く終わりますし、何よりも跡が残りません。

 

 

 

手術跡が残ってしまうことで治療を断念している人もいるでしょうが、そういう人でも安心な治療法なんですよ。

 

 

 

でもビューホットは本当に手汗に悩んでいる人だけが利用したほうがいい治療法です。

 

 

 

というのも、やはりビューホットにも副作用はあるんです。

 

 

 

そのため、症状が軽いのにビューホットを受けてしまうと、手術前の症状より手術後の副作用のほうが大変なんてことにもなりかねないんです。

 

 

 

何もしていなくても手汗がぽたぽた落ちてきてしまうようなかなり症状の重い人であれば、ビューホットで大きな変化を感じられると思いますよ。

 

 

 

ETS手術にしてもビューホットにしても副作用のリスクはあるので、手術を受ける前にしっかりと話を聞いて、後悔しないようにしましょうね。