手汗の悩み!Iphoneの反応が悪い

手汗の悩み!Iphoneの反応が悪い。。。

ガラケーは問題なく使えていたのにiPhoneに変えた途端に反応が悪くなって困ってる・・・という人もいるかと思います。

 

 

 

そもそもガラケーとスマホは使い方が大きく異なる点があるから仕方ありません。

 

 

 

ガラケーは凹凸のあるテンキーを使用しますが、スマホの場合は平面のテンキーを使うためです。

 

 

 

それが原因となりiPhoneの反応が悪いのも手汗あるあるですよね。

 

 

 

ガラケーからスマホが主流になって、iPhoneを持っている人も多いと思いますが、その中で手汗による反応の悪さに悩まされている人はとっても多いんです。

 

 

なぜ手汗でiPhoneの反応が悪くなるの?

手汗で悩んでいる人にとってiPhoneの反応が悪くなるのはまさしく「あるある」ですよね。

 

 

 

でも、なぜ手汗でiPhoneの反応が悪くなるのか知っている人はあんまりいないんじゃないでしょうか。

 

 

 

実は、手汗でiPhoneの反応が悪くなってしまうのには静電気が関係しているんです。

 

 

 

手汗をかいた状態でiPhoneを操作しようとすると、指にたっぷりの水分を付けた状態で操作することになりますよね。

 

 

 

水が電気を通しやすいのは誰もが知っていると思いますが、手汗による水分が静電気を通してしまい、iPhoneが反応してくれなくなるんです。

 

 

 

汗によるiPhoneの誤作動といってもいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

手汗に限らず濡れた手でも同じように誤作動が起こって、反応してくれなくなります。

 

 

手汗でiPhoneの反応が悪くなったら・・・

手汗でiPhoneの反応が悪くなっても諦める必要はないんです。

 

 

 

いくつか対処法がありますから、安心していいんですよ。対処法としてまず挙げられるのがグッズを使うことですね。

 

 

 

タッチペンを使って操作するとかiPhoneに厚めの保護フィルムを使うとかiPhoneそのものをなにかビニール袋(もっとおしゃれなほうがいいと思いますが。。。)に入れて操作するといったことが考えられますよ。

 

 

 

家にあるものですぐにできますし、実践している人も多いので、いろいろ試してみましょう。特に、iPhoneでゲームなんかを楽しむことが多い人はタッチペンがあると本当に助かるみたいです。

 

 

あとは、根本的なところで手汗へアプローチしていく対処法ですね。そもそもiPhoneの反応が悪いのは手汗のせいなのです。

 

 

 

だからこそ、手汗を改善する方向でアプローチするのもいいと思います。手っ取り早いのは手汗専用の制汗剤を使うことです。

 

 

 

ありがたいことに、最近では手汗専用の制汗剤もいろいろ登場しているんです。

 

 

 

ドラッグストアに売っている一般的な制汗剤ほどの選択肢はないのですが、自分に合ったものを見つけられると気持ち的にもかなり楽になりますよ。

 

 

 

手汗用の制汗剤というのは知長い期間使って徐々に効果を実感していくタイプのものが多いので、じっくりと時間をかけて効果を体感していきましょう。