手汗で紙やノートがふにゃふにゃに。そんなときの対処法

手汗で紙やノートがふにゃふにゃに。そんなときの対処法

手汗で悩んでいる人だったら「わかる〜!」と心底共感してもらえると思うんですが、手汗で紙やノートがふにゃふにゃになることって本当によくあるんですよね。

 

 

 

学生さんだったら勉強のときや学校でプリントを回すときなんかにも困りますし、社会人の方だったら超重要書類なんかを扱うときにヒヤヒヤするものです。

 

 

 

こういったとき、どうしてますか?

 

 

 

ここでは、手汗で紙やノートがふにゃふにゃになってしまうときの対処法をご紹介しようと思います。

 

 

 

例えばテストのとき、答案用紙に手を置いて答えを書きますが、次の行へ進もうと手を持ち上げると回答用紙が手に貼り付いて持ち上がってしまいます。

 

 

 

結構しっかりと張り付いているので手ではがさないと離れない。。。何度こんなことをした事か。。テストに集中できなかったことありましたね。

 

 

 

そうかと思えば問題用紙のインクが手について文字が反転して手に移ってしまったこと。

 

 

 

鉛筆で書いた文字の上に手を置いて文字反転なんて自分だけで遊んだこと。あなたも「わかる〜!」とうなずけますよね。

 

 

防水ノートを使う!

普通のノートを使っていたのでは、手汗で紙がふにゃふにゃになってしまって1ページ1ページが波打ってしまいますよね。

 

 

 

しかも、書いた文字まで汗でにじんでわかりにくいということも・・・これは普通のノートを使っているからこそ、余計になってしまうんです。

 

 

 

世の中には本当にありがたいことに防水ノートというものが存在するんですね。名前の通り、水を防いでくれるノートで耐水性もバッチリなんです。

 

 

 

これを使うと、今まで波打ったり破れていたりしたのが不思議なほど綺麗な状態でノートを使っていくことができるんです。

 

 

 

手汗がついてもにじまないですし、鉛筆やシャープペンシル、ボールペン、万年筆など何でも使うことができます。

 

 

 

頻繁にノートを使う人にはまさに必須アイテムですよね。

 

 

手汗専用の制汗剤を使う!

防水ノートの存在はありがたいものの、「学生のときに知りたかった・・・」と思っている社会人の方もいるかと思います。

 

 

 

社会人になるとノートより、書類の取り扱いのほうが多くなりますよね。

 

 

 

書類がふやけて上司に叱られたり・・・なんて考えたくもないですよね。

 

 

 

ノートをあまり使わないという人であれば、やはり手汗専用の制汗剤を使うべきです。

 

 

 

手汗専用の制汗剤を使えば、サラサラの状態をしばらくキープすることができますし、何よりも手汗で書類をダメにすることもないんです!

 

 

 

大事な書類への記入、書類の整理も安心ですし、何よりも自分が触った後のふにゃふにゃの書類を他の人に見られたり、手渡したりしなくて済みます。

 

 

 

自分が使う書類なら多少ふにゃふにゃでも問題ないのですが、やっぱり自分が扱った後に他の人が使う書類というのは一番緊張感がありますよね。

 

 

 

汚いと思われるかも・・・と不安にもなります。でも、手汗専用の制汗剤を使えばそういった不安からも解放されるんです!

 

 

 

ただの制汗剤ではなく、手汗専用というのがミソですよ。

 

 

 

⇒ あなたにおすすめの手汗制汗剤