手汗でスマホが誤作動するときってどんな時?

手汗でスマホが誤作動するときってどんな時?

現代社会では手放せなくなってしまったスマートフォンやタブレット。

 

 

 

最初はタッチ画面にてこずっていた人も今ではだいぶ操作に慣れたのでは。

 

 

 

手汗が多い人からは、ガラケーにはなかったスマホ特有の不便さの声が上がっているようです。

 

 

 

ここでは手汗のせいでスマホが誤作動してしまうケースをご紹介しましょう。

 

 

 

手汗でスマホって共感する人多いと思います。あなたもそうだったりして。

 

 

手汗のせいで誤作動以前の問題です!

手汗が酷くて悩んでいる人は、物をよく落としてしまいます。手が濡れているので滑りやすいんですね。

 

 

 

紙などは逆に手によくはりつくのですが…。

 

 

 

ガラケーと比較してスマホは大きく、薄いのが特徴です。手汗が多いと手から滑り落ちやすいのが難点。タッチパネルの誤作動以前の問題です。

 

 

 

慣れるまでは意識してしっかりとスマホを握るようにしましょう。また、グリップ性の高いスマホカバーを取り付けるのもおすすめです。

 

 

 

また誤作動ならまだしも、手汗のせいで自分の指にタッチパネルが反応してくれないという悲しい悩みを聞いたこともあります。

 

 

 

手汗で悩んでいる人にとってスマホは、現代社会が生んだ予想外の弊害ではないでしょうか。

 

 

 

流行りのポケモンgoもせっかく目の前にレアなポケモンが表れてもうまく反応してくれずゲットできないなんてこともあるかもしれないでしょう。

 

 

 

楽しくスマホゲームしているだけで緊張していなくても手汗が邪魔になるスマホ対策は必要ですね。

 

 

手汗でスマホが誤作動あるある

手汗で悩んでいる人でもそうでない人でも、スマホの誤作動は多かれ少なかれ誰しも経験がありますよね。

 

 

 

誤作動が起きてほしくないとき、それはどんな時でしょうか。LINEでクイックなやり取りをしている時や、スマホゲームの大事な局面の時が挙げられますよね。

 

 

 

また、最新機種に変更したらタッチパネルの感度が良すぎて、手掌多汗症の友人は誤作動に悩まされていました。

 

 

 

夏場や大事な仕事のやり取りで少し緊張している時なども、普段より手汗が増えていますから、誤作動が起こりやすいようです。

 

 

手汗によるスマホの誤作動予防法

スマホやタブレットの操作が困難になることは、現代社会ではちょっとしたストレスですよね。

 

 

 

最後にその誤作動を防止する方法をご紹介します。まず、大きな効果が期待できるのはタッチペンです。

 

 

 

スマホを使うたびにペンを取り出すのを面倒に感じるかもしれませんが、手汗で悩んでいる人が気にしているスマホの画面が手汗で汚れる、などのストレスも軽減されるので、タッチペンはまずおすすめですね。

 

 

 

冬限定の対策ですが、スマホ対応の手袋を着用してスマホを操作するのも効果が確実です。

 

 

 

この二つは、アイテムの購入に少しお金はかかりますが、効果が期待できるのでおすすめの方法です。

 

 

 

他にも保護フィルムを変える、スマホを操作するときは政官財を使用する、などもありますがまずは「タッチペン」「手袋」から始めてほしいと思います。

 

 

 

くれぐれも歩きスマホは危険なのでやめましょう。。