手汗が多い人と少ない人の違いは何?

手汗が多い人と少ない人の違いは何?

「私ってもしかしたら手汗がすごいかも…」と感じたことのある人はいませんか?あなたもその一人なのではないでしょうか。

 

 

 

でも手汗ってなかなか他人と比べることもないし、友達に手汗って多い?なんて聞けないし。

 

 

 

自分の手汗が多いのか普通なのかって判断しづらいですよね。ここでは手汗が多い人と少ない人の違いについてご紹介します。

 

 

日常生活に支障が出る=「他人と比べて手汗が多い」と思ってOK!

一度や二度、「手が湿っているなぁ」と感じたことがある程度なら、それは精神的な状況や体調による一時的なものだからです。

 

 

 

手汗が多い人というのは、日常生活に支障が出る程です。例えば…仕事で大切な書類なのに、自分の手汗が酷いせいで湿るのが心配で持てない。とか、

 

 

 

初対面の人に握手を求められると手汗が心配で焦る。とか、手汗でスマホやタブレットが誤作動を起こす。。。などが挙げられます。

 

 

 

何かしらその手汗が原因で思うように事が進まないと感じが事がある人です。

 

 

 

ドキッとしたあなた、、、、安心してください、こういった人は意外なほど多いのです。

 

 

 

手や手汗は日常生活と密接に結びついていますから、手のコンプレックスのせいで消極的になってしまう、ということは充分に考えられます。

 

 

手掌多汗症のレベル

日常生活に支障が出る人=他人と比べて手汗が多い人、とご紹介しました。

 

 

 

この症状は手掌多汗症と呼ばれます。手掌多汗症にはその症状に3段階あります。

 

 

 

レベル1「手の平が汗で湿っている状態」→レベル2「手の平に汗の水滴ができる」→レベル3「手汗が垂れてくる」この3段階です。

 

 

 

レベル2以上は何かしらの対策や治療をおすすめします。

 

 

手掌多汗症に治療がおすすめな理由

手汗の一般的なイメージでは、緊張した時などに一時的に増えるものだと思われています。

 

 

 

手掌多汗症のひとも「体質だから治らない…」「一時的なものでいつか自然と良くなるかも…」と勝手に判断し、外来を利用しないことが多いのが現実です。

 

 

 

(ちなみに、手汗を改善したいのであれば、まずは皮膚科外来です。)

 

 

 

通院することで手汗が改善されるケースは非常に多いです。

 

 

 

また、重篤な病気の症状の一つとして手汗が出ている可能性もあります。手汗を入り口にして、その重篤な病気に気付くきっかけになるかもしれません。

 

 

 

最初にお話しした、日常生活に支障がでる程の手汗を自覚している人は、できるだけ早めに病院に行くことをおすすめします。

 

 

手汗が多い人と少ない人の違い

手汗が多い人と少ない人の違いは、最初にご紹介しました。レベル2以上で日常生活に支障がでる程の手汗が出る、ここが境界線です。

 

 

 

では手汗が多い人が病院に通院を繰り返すことで手汗が少なくなったらどうなるのでしょうか。

 

 

 

もっと仕事や恋愛に積極的になれるかもしれません。手は日常生活で重要な役割を担っています。

 

 

 

手汗が改善されれば、人生が変わるかもしれません。悩んでいる人は早めに行動を起こしてほしいと思います!