手汗 改善 手汗専用制汗剤

手汗改善には手汗専用制汗剤を

私は、中学生のころから手汗で悩み始めました。それまではあまり気にすることはありませんでした。

 

 

 

しかし、授業中に先生に指名されて何か発言を求められたとき、ノートがしわしわになるほど手汗をかいたという経験をきっかけに、気にし始めました。

 

 

 

部活は陸上部に所属し、リレーメンバーに選出されたこともありました。第一走者を任されたので、クラウチングスタートで走り始めなければなりませんでした。

 

 

 

試合では極度の緊張状態にあったので、手汗が止まりません。

 

 

 

そんな状況の中、スタート位置につき、ピストルの音と同時に勢いよく走りだすのですが、手汗のせいで滑ってしまい、他の選手に後れをとることもありました。

 

 

 

高校生になると、好きな人ができて、嬉しいことにその彼と付き合うことができました。一緒に下校するときに、彼から手をつなごうと言われ、つなぎたい気持ちは山々でした。

 

 

 

しかし、自分の手汗が気になり、彼にどう思われるだろうか、気持ちわるがられないだろうか、とあれこれ考えた結果、人に見られたら恥ずかしいという理由で、せっかくの申し出を断ってしまいました。

 

 

 

その後も何度か手をつなごうと言ってくれたのですが、手汗のことがあるので断り続け、結局彼とは早々に別れることとなってしまいました。

 

 

 

何とか手汗を改善することはできないのか、とあれこれ調べたところ、手汗専用の制汗剤があるということを知りました。

 

 

 

ワキなどに使用するスプレータイプの制汗剤を、手に使ってみたことがあったのですが、さほど効果を感じませんでした。

 

 

 

手汗専用の制汗剤といっても、劇的な改善は見込めないだろうと半信半疑で使い始めたのですが、仕事で人の前に立って話をするような場面でも、手汗はほとんどかきません。

 

 

 

もっと早くに手汗専用の制汗剤があることを知っていれば、学生時代のように恥ずかしい思いをすることもなかったのにと思います。

 

 

 

手汗の改善には手術を考える人もいると思いますが、手軽に試せるので、手汗専用の制汗剤を一度使ってみていただくことをおすすめします。