手汗対策 オススメ 緊張しないこと

私のオススメはとにかく緊張しないこと

私が手汗を気にするようになったのは中学生の頃からです。

 

 

 

中学生になると男の子とお付き合いをするようになり、手を繋ぐ時にすごく緊張したのを覚えています。

 

 

 

その緊張が繋いだ手から彼に伝わるんじゃないかと思えば思うほど緊張し、手に汗をかいているのがわかりました。

 

 

 

それからというもの、手を繋ぐ前には必ず『手汗すごいけど、気にしないでね。』って一言必ず言っていました。

 

 

 

成人し、企業で働くようになってからは、パソコンを使って仕事をすることも増え、手汗が気になることがますます増えてきました。

 

 

 

初めの方は、全く気にしていませんでしたが、ある日同じパソコンを使っている上司から、『あれ?このマウス濡れてない?』と言われ、はっとしました。

 

 

 

私の手汗はマウスを濡らすほど酷いものでした。自分では気付いてなかったことを他人に指摘され、その時はすごくショックでした。

 

 

 

笑ってごまかしはしましたが、これから先どうしたらいいのか本気で悩みました。それからは、パソコンを使う時は必ずマウスにテッシュを巻いて使うようになりました。

 

 

 

手汗は、汗をかく夏が酷いかのように思えますが、私の場合は冬場の暖房を効かせた室内で特に酷いように思います。

 

 

 

逆に夏はある程度乾燥していて、あまり手汗をかきません。体は寒くて震えていても、手には汗をかいていたりします。

 

 

 

どうま、緊張する場面や、仕事をする時のように集中したり、力をいれたりすると手に汗をかいてしまうのかもしれません。

 

 

 

冬になるとコートのポケットに乾燥剤を入れておいたりします。しかし、効果は微妙です。

 

 

 

また、手だけではなく、足からの汗も酷いので、いろんなことを試してはみたものの、特に効果があるものもなかったです。

 

 

 

調べてみると、手や足の汗は考えれば考えるほどに酷くなっていくということがわかりました。

 

 

 

これが対策になるのかどうかは、定かではありませんが、あまり気にせず生活することがいいのではないかと思います。今では考えないということを特訓しています。